労災保険特別加入制度について

第1種特別加入 中小事業主等

中小事業主等の特別加入制度

中小事業主等の特別加入者の対象者は、「中小事業主」及び「中小事業主が行う事業に従事する者のうち労働者以外のもの」をいいます。

加入可能エリア

当組合に加入できるのは、神奈川県、東京都、山梨県、静岡県内の個人事業・会社・団体です。

中小事業主とは

  1. 中小事業主とは、下表に定める数以下の労働者を常時使用する事業の事業主(事業主が法人その他の団体であるときは、その代表者)をいいます。
  2. 中小事業主が行う事業に従事する者
    中小事業主の家族従事者や中小事業主が法人その他の団体である場合における代表者以外の役員
業種 労働者数
金融業、保険業、不動産業、小売業 50人以下
卸売業、サービス業 100人以下
上記以外の業種 300人以下

※継続して労働者を使用していない場合であっても、1年間を通じて100日以上にわたり労働者を使用しているものに限る。

中小事業主等に該当する場合の加入要件

  1. 雇用する労働者について労働保険関係が成立していること
  2. 労働保険の事務処理を『労働保険事務組合』に委託していること
  3. 中小事業主を含めて、当該事業場の業務に従事する家族従事者など労働者以外の方全員を包括して加入手続きを行うこと

保険給付の種類

1. 療養 (補償)給付

労働者が業務上又は通勤により負傷し又は疾病にかかり療養を必要とする場合に給付されます。

2. 休業(補償)給付

労働者が業務上又は通勤により負傷し又は疾病にかかり療養し、そのため労働することができずに賃金を受けない場合、その4日目から、休業1日につき給付基礎日額の60%と特別支給金の20%を合わせて80%が支給されます。

3.障害(補償)給付

傷病が治癒し、身体に障害が残った場合に、8級~14級は一時金、1級~7級は年金が支給されます。

4.遺族(補償)給付

遺族に年金又は一時金が支給されます。

保険料、加入費用について

労災保険料額=賃金総額×労災保険料

<例1>

業種:その他各種事業(労災保険率3/1000)
給付基礎日額:1万円

1万円×365日(1年間)=3,650,000円
3,650,000円×(3/1000)=10,950円

年間保険料:10,950円 (1か月当たり : 約913円)

<例2>

業種:建設業(35)(労災保険率15/1000)
給付基礎日額:1万円

1万円×365日(1年間)=3,650,000円
3,650,000円×(15/1000)=54,750円

年間保険料:54,750円 (1か月当たり:4,563円)

第1種特別加入の手続きは、労働保険事務組合 中小企業経営協力会へお気軽にご相談ください。

無料相談受付中!

【花上グループ 総合受付】TEL:045-360-5560 受付時間 8:45~17:45

オンラインでのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る