労災保険特別加入制度について

第2種特別加入 一人親方等

一人親方等の特別加入制度

建設関連事業や運輸業などに個人事業主として従事している方々(一人親方その他自営業者)も、労災保険に加入できる制度です。

※当事務組合は、第2種特別加入『建設の事業』を取り扱っています。

一人親方等とは

労働者を使用しないで事業を行うことを常態とする一人親方、その他の自営業者、及び、その事業に従事する方のうち、主に以下の種類の事業を行う方が特別加入の対象となります。

  • 自動車を使用して行う旅客または貨物の運送の事業(個人タクシー業者や個人貨物運送業者など)
  • 建設の事業(大工、左官、とびの方など)
  • 漁船による水産動植物の採捕の事業(漁船に乗り組んでその事業を行う方に限ります。)
  • 林業の事業
  • 医薬品の配置販売(薬事法第30条の許可を受けて行う医薬品の配置販売業をいいます。)の事業
  • 再生利用の目的となる廃棄物等の収集、運搬、選別、解体等の事業

就業形態がつぎのような場合は、労災保険上の労働者とはみなされません。

  1. 自分の判断で工法や作業手順を選択
  2. 工期に遅れがない限り、仕事を休むなどは自由
  3. 報酬は完全な出来高払いが中心

特別加入の手続き

※当事務組合は、第2種特別加入『建設の事業』を取り扱っています。建設業の一人親方の方の加入手続きを行ないます。

保険給付の種類

1. 療養 (補償)給付

労働者が業務上又は通勤により負傷し又は疾病にかかり療養を必要とする場合に給付されます。
療養(補償)給付には、現物給付としての「療養の給付」と、現金給付としての「療養の費用の支給」との2種類があります。

2. 休業(補償)給付

労働者が業務上又は通勤により負傷し又は疾病にかかり療養し、そのため労働することができずに賃金を受けない場合、その4日目から、休業1日につき給付基礎日額の60%と特別支給金の20%を合わせて80%が支給されます。

3.障害(補償)給付

傷病が治癒し、身体に障害が残った場合に、8級〜14級は一時金、1級〜7級は年金が支給されます。

4.遺族(補償)給付

遺族に年金又は一時金が支給されます。

保険料、加入費用について

労災保険料額=保険料算定基礎額×第2種特別加入保険率

特別加入第2種(建設業の一人親方の場合)※労災保険率:19/1000

<例1>給付基礎日額:1万円でご加入の場合

1万円×365日(1年間)=3,650,000円
3,650,000円×(19/1000)=69,350円

年間保険料:69,350円 (1か月当たり保険料 : 約5,778円)
69,350円(年間保険料)+25,200円(年会費税込)=94,550円

<例2>給付基礎日額:5千円

5千円×365日(1年間)=1,825,000円
1,825,000円×(19/1000)=34,675円

年間保険料:34,675円 (1か月当たり保険料 : 約2,890円)
34,675円(年間保険料)+25,200円(年会費税込)=59,875円

第2種特別加入の手続きは、労働保険事務組合 中小企業経営協力会へお気軽にご相談ください。

無料相談受付中!

【花上グループ 総合受付】TEL:045-360-5560 受付時間 8:45~17:45

オンラインでのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る