労働保険について

労働保険とは?

労働保険=労災保険+雇用保険

労働保険とは労働者災害補償保険(一般に「労災保険」といいます。)と雇用保険とを総称した言葉であり、保険給付(業務上災害と通勤途上災害による傷病等に対する補償(労災保険)、失業した場合の給付(雇用保険))等を行う制度は両保険制度で別個に行われていますが、保険料の徴収等については、両保険は労働保険として、原則的に、一体のものとして取り扱われています。

労働保険は、農林水産の事業の一部を除き、労働者を一人でも雇っている事業主は必ず加入手続きを行い、労働保険料を納付しなければならないことが法律で義務付けられています。この「労働者」とは、パート、アルバイトも含みます。

ご注意ください!

労災保険に未加入の事業主に対する費用徴収は平成17年11月1日から強化されています。
事業主が労災保険の加入手続きを怠っていた期間中に労災事故が発生した場合、遡って保険料を徴収する他に、労災保険から給付を受けた金額の100%又は40%を事業主から徴収することになります。

労災保険に未加入の事業主に対する費用徴収制度について(94KB)

労働保険についてのお問い合わせは、労働保険事務組合 中小企業経営協力会へお気軽にご相談ください。

無料相談受付中!

【花上グループ 総合受付】TEL:045-360-5560 受付時間 8:45~17:45

オンラインでのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る